おすすめ記事

【米国市況】株は上昇、中銀決定と決算控え-円は141円台半ばに上昇

記事を要約すると以下のとおり。

24日の米株式相場は上昇。
マイクロソフトやアルファベット、メタ・プラットフォームズなど世界で500社余りの決算発表も週内に控えている。
 ダウ工業株30種平均は11営業日連続で上昇、2017年以来の最長連続高となった。
 米国と中国以外の売り上げが好調だったテスラが上昇。
利益が予想を上回ったシェブロンも高い。
米国株は決算サプライズを織り込み済み、方向性は下向き-BofA  モルガン・スタンレー傘下のEトレード・ファイナンシャルのマネジングディレクター、クリス・ラーキン氏は、大企業の決算発表を控え、株価に対する足元の強気な見方が続くかどうかは、ハイテク企業が「鍵を握っている」可能性があると述べた。
投資家はこれらの企業がここ数カ月で大幅に上昇した株価を支えるのに十分なほどの好決算を発表できるかどうかを見極めたいと考えていると語った。
同年債の入札前に先物取引で大口の売りが出て不安定な動きとなった。
ユーロ圏と英国の購買担当者指数(PMI)が予想を下回り、景気悪化への懸念が強まった。
円は一時、140円76銭まで上げた。
原油  ニューヨーク原油先物相場は3日続伸し、3カ月ぶり高値を付けた。
エクソンモービルのルイジアナ州バトンルージュの製油所で、一部の施設が数週間停止される可能性が明らかになったことも買いを誘った。
中国共産党政治局、不動産政策の緩和示唆-地方債務のリスク対応も  CIBCプライベート・ウェルスのシニア・エネルギー・トレーダー、レベッカ・バビン氏は「中国当局者の発言は一部で失望を誘ったが、なんらかの景気刺激策を講じるという事実は原油相場にとって好材料だ。」
ロンドンICEの北海ブレント9月限は同1.67ドル高の82.74ドル。
金スポットは週間ベースで先週まで3週連続上昇していた。
   原題:StocksKickOffBusyEarningsWeekWithMildGains:MarketsWrap(抜粋)TreasuriesBear-FlattenAfterFuturesBlockTrade,AuctionEuroHitsTwo-WeekLowAfterPMIData;YenRebounds:InsideG-10OilHitsThree-MonthHighAmidTighterSupplies,RefineryOutageGoldWaversasTradersAwaitRateSignalsFromCentralBanks 。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】株は上昇、中銀決定と決算控え-円は141円台半ばに上昇

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう