おすすめ記事

【米国市況】株は小反発、利上げ継続観測で上値限定-ドル136円前半

記事を要約すると以下のとおり。

27日の米株式相場は小幅に上げて終了。
 市場では米政策金利が年内に5.4%でピークに達すると織り込まれていた。
ジェファーソンFRB理事、物価2%目標の引き上げに否定的な見解  米国の中古住宅販売成約指数は1月の米耐久財受注統計では、航空機を除く非国防資本財(コア資本財)の受注急減を反映し、2020年6月以来の伸び率となった。
米中古住宅販売成約指数、1月は8.1%上昇-20年6月以来の伸び(1)  BNPパリバのマクロ戦略世界責任者、サム・リントンブラウン氏は「2月は市場で若干のリプライスが起きた。」
株価が下落する、もしくは金利が上昇するリスクがあると述べた。
 マイケル・ウィルソン氏らモルガン・スタンレーのストラテジストは、米国株への逆風は3月の米市場、弱気相場リスクの逆風予報-モルガンSのウィルソン氏米国債  米国債は総じて上昇。
国債直近値前営業日比(bp)変化率米30年債利回り4.78%-2.7-0.69%米2年債利回り4.78%-2.7-0.69%  米東部時間16時49分外為  外国為替市場ではドルが下落。
英国と欧州連合(EU)は、英国領北アイルランドの物流の取り決めについて合意に達した。
 モルガン・スタンレーのストラテジストは、日本銀行の政策反応関数が新総裁の下で変わることはないとの見方から、1ドル=136円20銭でドルロングのポジション開始を勧めた。
 日銀は植田和男氏の下でも「インフレが賃金上昇による十分な支えを伴うことの重要性を引き続き強調していくようだ」と同ストラテジストらはリポートで指摘し、「インフレが今後数カ月に減速し始めるにつれ、市場では短期的な政策調整期待の見直しがさらに進む余地があるとした。
原油  ニューヨーク原油は反落。
一方で中国のデータは厳格な新型コロナウイルス対策の解除後に人々の移動が活発になっていることを示し、原油相場は下げ幅を縮小した。
ロシアからの供給見通しや中国の行動制限解除、金融政策の軌道といった相反する要因が背景にある。
ロンドンICEの北海ブレント4月限は71セント下げて82.45ドル。
米連邦準備制度理事会(FRB)のジェファーソン理事は、金融当局の物価上昇率2%目標を擁護し、変更すれば「しっかり抑制されている」インフレ期待が不安定化する恐れがあるとの見解を示した。
金を裏付けとする上場投資信託(ETF)の保有算出所:ブルームバーグ   ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は、前営業日比7.80ドル(0.4%)高い1オンス=1824.90ドルで終了した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】株は小反発、利上げ継続観測で上値限定-ドル136円前半

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう