おすすめ記事

【米国市況】株は小幅安・国債上昇、PCE待ち-ドルは150円台後半

記事を要約すると以下のとおり。

28日の米株式相場は小幅安。
一方で、個人消費は堅調維持(2)  消費者物価指数(PPI)の急上昇に続き、米金融当局がインフレ目標達成に向けて紆余(うよ)曲折が予想されることを浮き彫りにしそうだ。
 インディペンデント・アドバイザー・アライアンスのクリス・ザッカレリ氏は「最近のデータはノイズであり、ごく短期的な市場の動きへの影響以外は無視すべきだ。」
アップルは下落。
米司法省が反トラスト調査の報道受け  米金融当局者3人が利下げのペースは今後の経済指標次第であるとの見方を示した。
ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁はインフレとの闘いには「まだ長い道のり」があると述べた。
 バーンセン・グループのデービッド・バーンセン最高投資責任者(CIO)は「バリュエーションを巡り市場全体に懸念があると考えている。」
投資家は「慎重かつ選択的」であるべきで、単に上昇銘柄を買うという戦略は避けるべきだと述べた。
  米東部時間16時52分外為  ニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇。
ブルームバーグ・ドル・スポット指数は一時0.3%上昇し、2週間ぶりの大幅高となった。
「キャリー取引はドルの支援材料だが、現在の水準でのドル買いは慎重になった方がよい」と指摘した。
 米エネルギー情報局(EIA)が発表した統計によると、先週の米原油在庫は420万バレル増加。
来月に会合を開くOPECプラスによる減産延長の観測や、中東情勢の緊迫化が背景にある。
 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物4月限は3セント(0.1%未満)上昇の83.68ドル。
米金融当局が重視するインフレ統計の発表を翌日に控え、神経質な値動きが続いた。
ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は前日比1.40ドル(0.1%未満)安の2042.70ドルで終えた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】株は小幅安・国債上昇、PCE待ち-ドルは150円台後半

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう