おすすめ記事

【米国市況】株は最高値、力強い雇用統計で景気楽観-一時148円58銭

記事を要約すると以下のとおり。

2日の米株式相場は続伸。
  主要3指数はいずれも最高値を更新。
   マイケル・ハートネット氏率いるバンク・オブ・アメリカ(BofA)のストラテジストは、投資家がテクノロジー株を買い急ぐ様子は1999年のバブルの様相を呈しており、金融政策が引き締められている中でも経済は好調に推移するとの見方を反映していると指摘した。
米雇用者数と賃金、予想外に伸び加速-FRB利下げ一段と遠のく  CIBCプライベート・ウェルスUSのデービッド・ドナベディアン最高投資責任者(CIO)は「この日の雇用統計は「ソフトランディング(軟着陸)」シナリオに疑問を投げ掛けた」と指摘。
米雇用統計「ショッキング」、3月利下げに別れ-市場関係者の見方  1月の米ミシガン大学消費者マインド指数(確定値)は、前月比で2005年以来の大幅改善となった。
前日に発表した2023年10-12月決算で、中国での売上高が13%急減したことが分かった。
特に中短期債の利回り4.02%14.23.99%  米東部時間16時50分  3月の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合日程に連動するスワップ契約では、0.25ポイントの利下げ確率が約15%と、雇用統計発表前の半分程度に低下した。
 グレンミードの投資戦略・調査責任者、ジェイソン・プライド氏は「3月利下げの可能性は、ますます低くなったようにみえる。」
米雇用統計後に米国債利回りが急上昇したことでドルが買われた。
ショートカバーが入る中、ドルは他の主要10通貨全てに対して値上がりした。
他の主要国・地域から景気に関する弱いデータが発表されれば、特にそういった展開になると述べた。
停戦交渉に関するニュースに加え、相場が200日と50日の移動平均線を下回ったことでトレンドフォローのアルゴリズムが反応し、原油は下げを拡大した。
期近物が期先物より価格が低いコンタンゴは弱気のシグナルとされる。
北海ブレント4月限はこの日1.7%下落の77.33ドル。
 好調な雇用統計により、労働市場の底堅さを示す証拠が増えた格好だ。
 スワップ市場では3月利下げの確率を21%と織り込みも大きく後退した。
ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は17.40ドル(0.8%)安の2053.70ドルで引けた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】株は最高値、力強い雇用統計で景気楽観-一時148円58銭

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう