おすすめ記事

【米国市況】株は最高値から反落、ハイテクに売り-ドル147円後半

記事を要約すると以下のとおり。

13日の米株式市場でS&P500種株価指数は反落。
大型ハイテク銘柄で構成するナスダック100指数は0.8%安。
USスチールは13%の急落。
 「この総じてポジティブな環境が年初来の株価上昇を支えてきた。」
S&P500種は過去19週間のうち、16週で上昇している。
 アンドルー・タイラー氏率いるチームは、「モメンタムの巻き戻しリスクにより、約5%の下落が遅行して生じ得ると顧客向けリポートで指摘。」
LongestStretchSince2018S&P500hasgone266sessionswithoutadropofatleast2%Source:Bloomberg米国債利回りはじりじり上昇する可能性がある。
特に14日発表の米PPIが予想上振れとなれば、なおさらだと指摘。
日本銀行が来週18-19日に開く金融政策決定会合で議論へ-報道  ドル指数は下落。
原油や金属価格の上昇を背景に、資源国通貨は値上がりした。
これは円にそれほど恩恵をもたらしていないと述べた。
円の運命はFRBの手中にある、日銀ではない-Cスレッドニードル原油  ニューヨーク原油先物は5営業日ぶりに反発。
在庫の圧縮幅は米国石油協会(API)が発表していた550万バレル減の推計値より小さかったものの、約2カ月ぶりの減少となったことで買い材料だと受け止められた。
ロシア、製油所3カ所が操業停止-ウクライナはドローン攻撃激化(1) WTI先物(上段)と米原油在庫(下段)の推移出所:ブルームバーグ、EIA  ニューヨーク商品取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物4月限は、前日比2.16ドル(2.8%)高の1バレル=79.72ドルで終了。
米利下げ見通しに関する手掛かりを得ようと、14日発表の米生産者物価指数(PPI)統計に注目が集まっている。
 スポット金価格はニューヨーク時間午後2時31分現在、前日比17.25ドル(0.8%)上昇の1オンス=2175.59ドル。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】株は最高値から反落、ハイテクに売り-ドル147円後半

Twitterでフォローしよう