おすすめ記事

【米国市況】株は続伸、銀行株などに買い-円は132円半ばに下落

記事を要約すると以下のとおり。

21日の米株式相場は続伸。
VIXは2営業日としては昨年5月以来の大幅低下となった。
足元の政策決定に対する市場の予想は現在、可能なものの範囲内にある。
VIXは先週、30を昨年10月以降で初めて上回る場面があったが、この日は21前後まで低下した。
JPモルガン・チェースがファースト・リパブリックの支援を巡り新たな案を提示したことが好感された。
もう1つは状況がなお不確かで、当局が金融システムに大規模な短期流動性を注入しているために株価は短期的に下落し得ないという考えだと指摘した。
 悲観的な見方を強める投資家にとって、根強いインフレに代わりシステミックな信用イベントが市場に対する主要なリスクとして意識されていることが、バンク・オブ・アメリカ(BofA)の最新のグローバル調査で分かった。
資産運用会社にとって最大の不安、物価から信用イベントに-BofA米国債相場は続落。
国債直近値前営業日比(bp)変化率米30年債利回り4.17%19.24.17%19.24.83%  米東部時間16時54分  ジョン・ハンコック・インベストメント・マネジメントの共同チーフ投資ストラテジスト、マット・ミスキン氏は米金融当局が利上げしても過ちとなり、それほど遠くない将来に利下げに踏み切ると債券市場はみていると述べた。
外為  ドル指数は狭いレンジ内でもみ合い。
対ドルで一時、1ドル=132円63銭まで下落した。
原油  ニューヨーク原油先物相場は続伸。
 イエレン米財務長官は、中小規模の金融機関が経営難に陥った場合、政府は再び「介入」へ-中小銀行の保護で必要なら(1)ロシア、宣言通りの原油減産を6月末まで続けると明らかにすると、原油価格をさらに動かす可能性が高いと指摘。
「こうした大きなマクロ要因が実際に峠を越え始めれば、原油は上昇するだろう」と述べた。
ロンドンICEの北海ブレント5月限は1.53ドル(2.1%)高の75.32ドル。
 この日はリスク選好ムードで米株式相場が上昇し、債券は下落。
 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は、前日比2.1%安の1オンス=1958.30ドルで終了。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】株は続伸、銀行株などに買い-円は132円半ばに下落

Twitterでの意見

会社四季報📚株式投資・銘柄研究のバイブル
【米国株市況】 3日の米国株相場は続伸。経済成長の鈍化懸念などがありましたが、EV関連銘柄や銀行株を中心に値上がりしました。

Twitterでフォローしよう