おすすめ記事

【米国市況】株は警戒信号の中で続落、国債利回り急上昇-131円半ば

記事を要約すると以下のとおり。

9日の米株式相場は続落。
オプション市場で米政策金利が6%に達することに賭けた取引が膨らんでいる。
米2年債と10年債の逆イールドが進行、利回り差は1980年代以降で最大  リッチモンド連銀のバーキン総裁は9日、インフレを確実に2%目標に戻すには利上げを継続することが重要だとの見解を示した。
米新規失業保険申請件数、6週間ぶりに増加-なお歴史的低水準(2)  TIAAバンクの世界市場担当プレジデント、クリス・ギャフニー氏は「米金融当局がバランスを取って狙い通りのことをできるのかどうか、市場は疑問に思っている。」
 フェアリード・ストラテジーズの創業者、ケイティー・ストックトン氏は、市場で現在想定される最大の問題は過度に強気なセンチメントだと指摘している。
米国の個人投資家、強気に転じる-週次調査で昨年4月以降初めて  ブリークリー・ファイナンシャル・グループの最高投資責任者(CIO)、ピーター・ブックバー氏は「人の性質は変わることはないが、センチメントは常に価格を追いかけるようにして動く」とした上で、「強気派が全面的に戻ってきた。
この日行われた30年債入札が不調だったことから、特に年限が長めの国債が急激に下げた。
10年債利回りは9日に一時7bp余り上昇に伴い、リスクテーク意欲が減退したことで幾分持ち直した。
為替直近値前営業日比変化率ブルームバーグ・ドル指数1236.30-1.71-0.8%高の130円35銭を付けていた。
日銀総裁人事、アベノミクス転換示唆なら調整難航も-自民党議員(1)原油  ニューヨーク原油相場は4営業日ぶり反落。
「データが相場上昇へのけん引役になるだろう」と述べた。
金  ニューヨーク金相場は反落。
 先週の米新規失業保険申請件数は6週間ぶりに増加した。
「14日の米消費者物価指数(CPI)発表が過ぎるまで、金が大きく上昇するのは難しいだろう」と述べた。
ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は、12.20ドル(0.7%)安の1878.50ドルで終了した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】株は警戒信号の中で続落、国債利回り急上昇-131円半ば

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう