おすすめ記事

【米国市況】株上昇、ファースト・リパブリック支援で-ドル133円台

記事を要約すると以下のとおり。

16日の米株式相場は上昇。
ただ、月初来ではなお20%超下落している。
ファースト・リパブリックの株価は今週に入って60%余り急落していた。
テクノロジー株の短期的な動きは「銀行セクターで現在起きている問題や、それが先行きの資本コストや広範な景気減速にどのような意味を持ち得るかを熟慮したものではない」と述べた。
今回は多くの比較的規模が大きい健全な銀行が、バランスシートが悪化している可能性のある銀行の一部を支援するという最初の例になりそうだと話した。
ECB、計画通り0.5ポイント利上げ-今後の金利動向は示唆せず(3)国債直近値前営業日比(bp)変化率米30年債利回り4.15%26.66.83%  米東部時間16時54分  ナベリアー&アソシエーツのルイス・ナベリアー最高投資責任者(CIO)は、「中央銀行はインフレと対応するためなら、金利上昇が引き起こしている問題を押しのけることもいとわないようだと指摘。」
ECBが計画通り0.5ポイント利上げを実施したことが背景。
朝方には銀行セクターを巡る懸念が強まる中、逃避需要で円が買われ1.0616$0.390.390.37%  米東部時間16時54分  クレディ・アグリコルCIBのG10通貨戦略責任者、バレンティン・マリノフ氏は「ラガルドECB総裁の最新の発言は、ECBの反応関数が市場の状況にきめ細かく順応したものになることを示唆している」と指摘。
 ブラウン・ブラザーズ・ハリマンの通貨戦略グローバル責任者、ウィン・シン氏は、物価安定と金融安定のトレードオフはないとするラガルドECB総裁の発言について、「銀行セクターの問題で引けた。」
 銀行セクターの混乱で投資家心理が損なわれ、ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は今週に入って10%余り下落。
 スポット価格は0.1%未満の上昇で、1オンス=1923ドルちょうどで終了した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】株上昇、ファースト・リパブリック支援で-ドル133円台

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう