おすすめ記事

【米国市況】株上昇、年内利下げ観測が追い風-ドル一時154円台

記事を要約すると以下のとおり。

6日の米株式市場でS&P500種株価指数は3営業日続伸。
決算シーズンがここまで総じて堅調を維持していることも市場の楽観を支えている。
「今週は注目される経済データは少ないが、米金融当局者の発言機会は多い。」
一方でアップルは下落。
今週は10年債と30年債の計670億ドルの入札も行われる。
ただその決定はデータの全体像に左右されると述べた。
 JPモルガン・チェースのチーフ・マーケット・ストラテジスト、マルコ・コラノビッチ氏は「S&P500種構成企業の予想を上回る第1四半期業績と最近の株価下落により、いくつかの主要な米株指数の株価収益率(PER)は魅力的な水準に戻ったと当社ではみている」とした。
 UBSグローバル・ウェルス・マネジメントの米国株責任者デービッド・レフコビッツ氏は、株式相場を取り巻く環境は引き続き追い風を提供していると指摘。
午前の取引で一時154円台を付けるなど、日米金利差を意識した円売りが再び優勢となっている。
ドルは円とスイス・フランを除く主要通貨に対して下落した。
 ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)は、ハマス掃討に向けたラファでの作戦を継続すると述べた。
 ただそれでも、強気の追い風が原油相場を支えている。
 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は37セント(0.5%)高の1バレル=78.48ドルで終了。
このところのデータを受けて米経済に関する強弱まちまちなシグナルが意識される中、金は買い進まれた。
また金の投資家らは、インフレがより高水準かつ長期にわたって続くとの見方を強めている。
    原題:S&P500ExtendsGainsinFinalMinutesofTrading:MarketsWrap(抜粋)GoldAdvancesasInvestorsWeighMixedSignalsonUSEconomy(抜粋) 。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】株上昇、年内利下げ観測が追い風-ドル一時154円台

Twitterでフォローしよう