おすすめ記事

Contents

【米国市況】株上昇、銀行混乱の最悪期過ぎたとの見方-134円台前半

記事を要約すると以下のとおり。

14日の米株式相場は上昇。
 S&Pグローバル・レーティングはファースト・リパブリック・バンクを「ウオッチネガティブ」に指定したほか、ムーディーズ・インベスターズ・サービスは米国のバンキングシステムの見通しを「ネガティブ(弱含み)」と、これまでの「安定的」から引き下げた。
「前日の取引終了時点では、米消費者物価指数(CPI)がどうなるか織り込もうと努めていた。」
 2月の米CPIは前月比0.4%上昇。
2月のCPIでインフレの高止まりが示されたことが背景。
国債直近値前営業日比(bp)変化率米30年債利回り3.69%11.23.80%9.23.69%11.22.49%米10年債利回り4.25%27.26.84%  米東部時間16時58分  BMOキャピタル・マーケッツの金利ストラテジスト、イアン・リンジェン氏は「全体として、これはインフレの最新情報で、これだけを見れば、来週の25bp利上げは既定路線であることが示唆される」と指摘。
米金融当局は次回の政策決定で、インフレ高進継続と銀行セクター混乱をてんびんにかけて検討する可能性が高いとみられている。
「ユーロと円のロングにとってプラスだ」と述べた。
原油  ニューヨーク原油相場は取引終盤に大きく下落。
ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は3カ月ぶりの安値。
WTI原油先物出所:Nymex  15日には国際エネルギー機関(IEA)が需給見通しを発表する。
ロンドンICEの北海ブレント5月限は3.32ドル下げて77.45ドル。
 SVB破綻を受けて投資家は資金を安全な金に逃避させ、金価格は1オンス=1900ドルを上回っている。
と述べた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】株上昇、銀行混乱の最悪期過ぎたとの見方-134円台前半

Twitterでの意見

koba16
【米国市況】株上昇、銀行混乱の最悪期過ぎたとの見方-134円台前半
Kasamatsu
「前日の取引終了時点では、米消費者物価指数(CPI)がどうなるか織り込もうと努めていた。そしてCPIは発表された。もはや何が良くて、何が悪いのか市場には確信がないようだ」と述べた。⇒【米国市況】株上昇、銀行混乱の最悪期過ぎたとの見方-134円…
siroku829🌧
【米国市況】株上昇、銀行混乱の最悪期過ぎたとの見方-134円台前半 より NYダウは6日ぶりに反発、5日線が上値抵抗線になる形で上げ幅を縮小 日足F/Sストキャスは共にゴールデンク…
ゅぅぃ♪
円安ドル高だと当分は市場の動揺は収まらないだろう☆彡\(^o^)/ 【米国市況】株上昇、銀行混乱の最悪期過ぎたとの見方-134円台前半 から

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう