おすすめ記事

【米国市況】株上昇、S&P500種過去最高値に接近-ドルは142円前半

記事を要約すると以下のとおり。

米国株式相場は2023年最後の週を上昇でスタート。
フィラデルフィア半導体株指数(SOX)は過去最高水準。
 モルガン・スタンレー傘下Eトレード・ファイナンシャルのマネジングディレクター、クリス・ラーキン氏は「市場の焦点は、今のモメンタムが新年に持ち越されるかどうかにすぐ変わるだろう。」
ストック・トレーダーズ・アルマナックによれば、1969年から17回あったが、このうち9週目も上昇したのが9回。
10週連騰となったのはわずか3回だった。
 企業ニュースとしては、アップルの一部スマートウオッチの販売が禁止されている問題で、ホワイトハウスは米国際貿易委員会(ITC)による販売停止の判断を支持し、アップルは連邦高裁に上訴した。
フェデックスが自社株買いの前倒し契約をみずほマーケッツアメリカスと締結。
利回り3.89%0.0-0.5-0.0-0.12%米10年債利回り4.04%-0.01%米2年債入札の最高落札利回りは4.314%と、5月以来の低水準。
 TDセキュリティーズの米金利戦略責任者、ジェナディー・ゴールドバーグ氏は「強い入札結果は、利下げ開始がかなり近くに迫っていると警戒される中で、デュレーション長期化を継続することに積極的な投資家心理をうかがわせる」と述べた。
米マスターカードの消費調査部門「マスターカード・スペンディングパルス」の初期データによると、今年の米年末商戦では小売売上高の増加が昨年に比べてかなり鈍いペースにとどまった。
外為  ドル指数は3営業日続落。
ブルームバーグ・ドル・スポット指数出所:ブルームバーグ  ユーロは4カ月余りで最も高い1.1065ドルが視野に入った。
日本銀行が発表した11月の企業向けサービス価格指数は30年ぶりの高い上昇率を維持。
フーシ派(イエメンの親イラン武装組織)による船舶攻撃が相次ぎ、重要水路である紅海で航行の混乱が続いている。
 フーシ派、海運大手MSCの貨物船をミサイル攻撃したと主張した。
イエメン沖航行の船舶、爆発とミサイル目撃を報告-英海軍機関にブレント原油の週間騰落率出所:ICEフューチャーズ・ヨーロッパ  デンマークのコンテナ海運大手APモラー・マースクは24日、フーシ派による攻撃から船舶を守る新たな多国籍部隊の発足を受け、紅海を航行する船舶の運航再開に向けた準備を進めていると発表した。
イスラム組織ハマスとイスラエルの戦争が中東の広い範囲に拡大するリスクが浮き彫りになった。
 金  金相場は小幅に上げて、3営業日続伸。
年間ベースでは3年ぶりにプラスで終える勢いだ。
これは金利の付かない金にとっては強気のサインだ。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】株上昇、S&P500種過去最高値に接近-ドルは142円前半

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう