おすすめ記事

【米国市況】株下落、欧州の景気後退不安と利上げ警戒-143円80銭台

記事を要約すると以下のとおり。

23日の米株式相場は下落。
 欧州で発表された経済指標も市場の空気を重くした。
半導体メーカーのマーベル・テクノロジーやグローバルファウンドリーズなどが売られ、マイクロソフトやエヌビディアも指数全体を押し下げた。
 フェデレーテッド・エルメスのシニア株式ストラテジスト、リンダ・デュッセル氏はAIのストーリーがなければ、株式相場は「もっとずっと不安定」だったであろうとブルームバーグテレビジョンで指摘。
パウエル議長、年内1回か2回の追加利上げ必要も-上院証言(2)  S&Pグローバル  BMOキャピタル・マーケッツの米金利戦略責任者イアン・リンジェン氏は「少なくとも一つの観点で、世界経済は一貫している。」
製造業が依然、リセッション(景気後退)モードにあるということだとリポートで指摘。
とはいえ、製造業PMIは失望を誘う内容だったと記した。
 米国株の下落を受けて、米国債相場は上げ幅を拡大。
こうした動きはリセッションのシグナルとされる。
対ドルでの円下落はこの7営業日で6回目。
円安進行、一時143円80銭台-為替トレーダーは口先介入を警戒(1)  ユーロや資源国通貨も売られた。
原油  ニューヨーク原油先物相場は続落。
23日公表されたデータでは、ドイツ経済が6月)にマイナス成長に陥った可能性が高いことを示した。
金利上昇により、原油の貯蔵から輸送まであらゆる関連コストも増大すると述べた。
ロンドンICEの北海ブレント8月限は前日比0.4%)安の73.85ドルで引けた。
 金相場は最高値近辺にあった5月下旬から約6%値下がりするなど、米地銀危機を巡る懸念後退で安全資産としての妙味が薄れていたが、この日は低調なユーロ圏HCOB総合購買担当者指数(PMI)統計を受けて再びマネーが流入した。
原題:USStocksSlideonSpecterofRecessioninEurope:MarketsWrap(抜粋)TreasuryRallyFadesAfterEarlyBidinaChoppySession(抜粋) 。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】株下落、欧州の景気後退不安と利上げ警戒-143円80銭台

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう