おすすめ記事

【米国市況】株下落、銀行懸念再燃でリスク敬遠-円は逃避で133円台

記事を要約すると以下のとおり。

25日の米株式相場は下落。
ファースト・リパブリック、最大1000億ドルの資産売却検討-関係者  投資家は景気の現状に関する手掛かりを求めて、一連の企業決算を精査。
 RBCウェルス・マネジメントのバイスプレジデント兼ポートフォリオアナリスト、ケリー・ボグダノバ氏は「新型コロナウイルス関連の刺激策による高揚状態は終わった。」
 通常取引終了後の時間外取引では、マイクロソフトやグーグル親会社のアルファベットが上昇。
4月の米消費者信頼感指数は、昨年7月以来の低水準になった。
債務上限を巡る懸念も米国債への逃避を誘発した。
 特にファースト・リパブリックやUBSの決算で信用逼迫(ひっぱく)の兆候が見られる中、リセッションは近いとの見方が強まりつつあるとし、「現実の信用収縮がリセッションを招かなかった最後の例はいつだっただろうか。」
米株式相場の下落や米消費者信頼感の低下が背景。
原油  ニューヨーク原油先物相場は反落。
実需の投資家は、中国の景気回復と米景気後退を巡る状況が明確になるまで、本格的な取引を行わないだろうと述べた。
WTI原油先物出所:ニューヨーク商品取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物6月限は、前日比1.96ドル下落し、80.77ドル。
米金融政策の行方を占う経済指標の発表が相次ぐのを前に、小幅に上昇した。
 金スポット価格はニューヨーク時間午後3時5分現在、0.4%高の1997.90ドル。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】株下落、銀行懸念再燃でリスク敬遠-円は逃避で133円台

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう