おすすめ記事

【米国市況】株下落、雇用統計が予想以上に堅調-ドル131円台に急伸

記事を要約すると以下のとおり。

3日の米株式相場は下落。
リセッション(景気後退)予想とは相いれない動きで、米金融当局に対し利上げ継続を求める圧力が強まった格好だ。
利回りは急伸し、2年債利回り4.29%18.44.31%を付けた。
米金融当局がまだ利上げを進めている時に、2年債利回りが4%付近にあることに疑問が生じるとし、「今回の統計は全体にわたって底堅かったと述べた。」
外為  外国為替市場ではドルが主要10通貨に対して全面高。
インフレ率を2%に戻すためには、金利をもっと長期にわたり一段と高い水準に引き上げる必要性が明白にあるからだと述べた。
 米国の原油在庫は2021年半ば以来の高水準にあり、供給が依然として潤沢なことを示唆。
 TDセキュリティーズの商品戦略責任者、バート・メレク氏は「需給は大きく改善したり、引き締まったりはしていない」と指摘。
 BOKファイナンシャル・セキュリティーズのシニアバイスプレジデント、デニス・キスラー氏は、金利が一段と引き上げられる可能性を市場が織り込み始めている状況であり、ドルは上昇すると予想。
 金相場は昨年11月上旬以降、上昇傾向にあったが、上場投資信託(ETF)の金先物4月限は、54.20ドル(2.8%)安の1オンス=1876.60ドルで終了。
週間では3.6%下げた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】株下落、雇用統計が予想以上に堅調-ドル131円台に急伸

Twitterでの意見

経済ニュース速報
【市況】ダウ平均は下落米雇用統計には安心感も=米国株後半

Twitterでフォローしよう