おすすめ記事

【米国市況】株下落、FOMC議事要旨を嫌気ードル156円台後半

記事を要約すると以下のとおり。

22日の米国株式市場は下落。
エヌビディア、第2四半期の売上高見通しが市場予想を上回る株式終値前営業日比変化率S&P500種株価指数5307.01-14.40-0.18%エヌビディアの株価は決算を受けて上昇Photographer:PhilipPacheco/Bloomberg  議事要旨では、インフレ率が持続的に2%に向かっている兆候が示されない場合は政策が十分に景気抑制的だとみていると指摘されている。
  S&P500種は最高値から下落した。
米ターゲット株、大幅安-既存店売上高が4四半期連続で減少(1)  ノースエンド・プライベート・ウェルスのマネージングパートナー、アレックス・マクグラス氏は、議事要旨はややタカ派的なサプライズだったと話す。
 一方、ストラテガス・セキュリティーズのライアン・グラビンスキー氏は、短期的には米金融当局よりもエヌビディアの業績の方が「重要」だと述べる。
 米国債相場では、FOMC議事要旨の公表を受けて期間短めの国債を中心に売り圧力が強まった。
イールドカーブは約1カ月ぶりの水準までフラット化した。
為替直近値前営業日比変化率ブルームバーグ・ドル指数1250.763.180.30%  米東部時間16時52分  ジェフリーズ・ファイナンシャル・グループのグローバル為替責任者、ブラッド・ベクテル氏は「ドルは現時点で、インフレ指標と米金融当局による情報発信に極めて敏感だ」と述べた。
終盤にかけて下げ幅を拡大。
その後はほぼ変わらずまで押し戻された。
英インフレ率、4月は予想ほど下がらず-早期の利下げ観測後退(1)    ニューヨーク原油先物相場は3日続落。
 ただ、原油価格は今月に入り、約5ドルの狭いレンジでの取引が続いている。
北海ブレントのプロンプトスプレッド(当限月と来限月の価格差)は1月以来となるコンタンゴ入りに近づいている。
  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物7月限は98セント安の81.90ドルで終了。
約3週間ぶりの大幅安となった。
高金利は通常、利息の付かない金にはマイナスとなる。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】株下落、FOMC議事要旨を嫌気ードル156円台後半

Twitterでフォローしよう