おすすめ記事

【米国市況】株価指数は最高値、AI旋風が地球一周-ドル150円台半ば

記事を要約すると以下のとおり。

22日の米株式相場は大幅高。
エヌビディアは22日の市場で16%上昇し、株式時価総額に2770億ドル(約41兆7000億円)余りが加算された。
同社の利益はこれまで、株価よりも速いペースで成長している。
 先進国と新興国の両方をカバーするMSCI世界指数は、過去最高を更新した。
160億ドル規模のバンエック半導体上場投資信託(ETF)は6.8%急伸。
 米製造業と住宅、労働市場に関する各統計も堅調な数字となり、株式相場を押し上げた。
「AI技術の変革はまだ始まったばかりだ」と述べた。
しかし不安の壁を乗り越えて上昇を続けていくはずだと述べた。
「当社が言おうとしているのは、現在の株式市場でハイテクが最も重要なセクターではあるが、他のセクターにもチャンスは豊富にあるということだ」と続けた。
モデルナの昨年10-12月(第4四半期)決算は売上高がアナリスト予想を上回った。
新規失業保険申請件数が予想外に減少したことから、強い米経済見通しに基づいたリスク志向があらためて強まった。
ピーク時には150bpを上回っていた。
一方で企業の大型起債が相次いでいるのは、事業の展開に鑑みると現在の金利での調達は悪くないという経営者の考えを示唆しており、そうした環境は米連邦公開市場委員会(FOMC)を利下げ圧力から守っている。
「緩和サイクルは浅くて、非常に控えめなものになり、インフレには上方向のサプライズが起こり得るという見方だ」と説明した。
 主要10通貨の中ではノルウェー・クローネが最も軟調。
為替直近値前営業日比変化率ブルームバーグ・ドル指数1242.05%  米東部時間16時54分  2月の米製造業活動を示す指数は前月から上昇し、製造業者が長期の低迷から脱しつつあることが示唆された。
「どちらかといえば、利下げは6月以前よりも6月後の可能性が高いと思われる」と述べた。
原油  原油相場は続伸。
伸びは多くの市場関係者の予想を下回った。
そうなれば、原油需要を押し上げそうだ。
 CIBCプライベート・ウェルスのシニア・エネルギー・トレーダーのレベッカ・バビン氏は「こうしたデータは全体的なシナリオを大きく変えるものではないが、芽吹きの兆候が出ており、需要崩壊の懸念を和らげるかもしれない」と語った。
MSCI世界指数(左軸)、ブレント先物(右軸)出所:CME、MSCI金  金相場は下落。
 INGグループの商品ストラテジスト、エワ・マンゼイ氏によると、米金融当局によるタカ派なシグナルにもかかわらず、ウクライナと中東で地政学的リスクが続く中で、金価格は安全資産としての需要に支えられオンス当たり2000ドルを上回って推移している。
一方、ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は3.60ドル(0.2%)下落し2030.70ドルで引けた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】株価指数は最高値、AI旋風が地球一周-ドル150円台半ば

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう