おすすめ記事

【米国市況】株反発、FOMC議事要旨や経済指標を意識-132円後半

記事を要約すると以下のとおり。

4日の米株式相場は反発。
また、労働市場の堅調が続けば、インフレが定着するとの懸念も示された。
従って、自らの行動に関する彼らの予測能力は時として疑わしいと述べた。
一方、2022年11月は市場予想は上回り、引き続き高水準を維持した。
国債直近値前営業日比(bp)変化率米30年債利回り4.14-1.1%米2年債利回り3.80%-1.65-0.4%  米東部時間17時00分  BMOキャピタル・マーケッツのイアン・リンジェン氏はFOMC議事要旨について、「トーンはタカ派的だったが、予想していた以上ではなかったとリポートで指摘。」
FOMC議事要旨で当局者のタカ派姿勢があらためて示されると、対ドルでは一時132円72銭と日中の安値を付けた。
為替直近値前営業日比変化率ブルームバーグ・ドル指数1251.20-4.46-0.5%  米東部時間16時31分  キャピタル・エコノミクスのポール・アシュワース氏は「1-3月(第1四半期)に最後の50bpの引き締めを行うことで、米政策金利は5%近くでピークに達する。」
中国が景気押し上げの方針を表明しているものの、同国での需要回復につながると見込まれているが、コロナ感染急増がこうした回復を遅らせる格好となっている。
中国のコロナ死者、来月に1日最大2.5万人との推計-春節直撃か  CIBCプライベート・ウェルス・マネジメントのシニア・エネルギー・トレーダー、レベッカ・バビン氏は「エネルギー株などのフォワードルッキングな資産は中国の景気回復を想定していたが、それは原油高にはつながっていない。」
ロンドンICEの北海ブレント3月限は4.26ドル(5.2%)下落し、77.84ドルで終了した。
 昨年11月の米求人件数は引き続き高水準を維持。
 ヘレウス・プレシャス・メタルズのシニアトレーダー、タイ・ウォン氏は「米求人件数が堅調となったが、アジアや欧州からの金需要が力強い中、金は底堅さを維持している。」
ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は12.90ドル(0.7%)上昇し、1859ドルちょうどで終了した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】株反発、FOMC議事要旨や経済指標を意識-132円後半

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう