おすすめ記事

【米国市況】株反落、金融政策見極め-ドル142円台、原油は乱高下

記事を要約すると以下のとおり。

21日の米株式相場は反落。
一時142円25銭まで値上がりした。
ダウ工業株30種平均は45.41ドル(0.1%低下。
 投資家は政策金利の見通しを巡る当局者らは留意する必要があると発言。
 リチャード・バーンスタイン・アドバイザーズの債券ディレクター、マイケル・コントプロス氏はデーリー総裁の発言について、「政策転換というのは米利下げが開始する時や、量的引き締め(QT)が休止する時であって、それはまだ全く見通しが立たないと語った。」
この日の米5年債入札(規模430億ドル)の最高落札利回りは3.967%を上回った。
 主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.8%安の1ユーロ=1.0239ドル。
 ソシエテ・ジェネラルのチーフ為替ストラテジスト、キット・ジャックス氏は顧客向けリポートで「本日は中国コロナ懸念で市場のムードが暗くなったが、欧州経済指標の改善や持ち高削減志向を反映し、ドルは週央までに下落に後戻りするはずだ」と指摘した。
サウジ、OPECプラス会合に向け増産協議との一部報道を否定  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物12月限は、前週末比35セント(0.4%)安の79.73ドルで引けた。
ロンドンICEの北海ブレント1月限は17セント安の87.45ドル。
CIBCプライベート・ウェルス・マネジメントのシニア・エネルギー・トレーダー、レベッカ・バビン氏は「商品市場のヘッドラインリスクが極めて高く多額の資金を投じづらくなり、2022年を通じて出来高および未決済建玉(オープンインタレスト)が落ち込む結果を招いたとの見方を、この日の5%という取引レンジは裏付けている」とコメントした。
中国で新型コロナウイルス感染による死者が約6カ月ぶりに報告されたことなどから、制限が再び強化されるとの警戒が強まり、逃避買いでドルが上昇。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】株反落、金融政策見極め-ドル142円台、原油は乱高下

Twitterでの意見

Tweets
【米国市況】株反落、金融政策見極め-ドル142円台、原油は乱高下 · 21日の米株式相場は反落。 · 投資家は政策金利の見通しを巡る当局者発言を注 ... リンク: タ グ:米国
⬛️㍍㍍がこ㍍㍍⬛️
米株式は反落。米金融当局者が概してインフレ抑制のための取り組みを続けるとの認識を示していることに投資家は注目。中国当局が新型コロナ関連の制限措置を強化するとの懸念の高まりも、投資家心理を圧迫--【米国市況】株反落、金融政策見極め-ドル142…
めい@𓍝
【米国市況】株反落、金融政策見極め-ドル142円台、原油は乱高下
米国株採集@ときどき優待株
インフレ抑制と中国🇨🇳コロナ規制でドル高。OPECプラスで増産と報道だが変わらず。中国で半年ぶりにコロナ死者出たということで逃避のドル買いでドル建ての金を圧迫。金下落。 【米国市況】株反落、金融政策見極め-ドル142円台、原油は乱高下 より

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう