おすすめ記事

【米国市況】株続落、FOMC受け景気後退懸念が再燃-ドル148円台

記事を要約すると以下のとおり。

3日の米国株式相場は続落。
米国債利回りは上昇。
ダウ工業株30種平均は146.51ドル(0.5%)下げて32001.25ドル。
前日には一時的に5%を割り込む場面もあった。
今ではそれが「より高く、より長期に」になってしまった。
 10月の米雇用統計では非農業部門雇用者数が20万人増と、伸び減速が見込まれている。
パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長が指摘した雇用市場の「過熱」を裏付けた。
1980年代初期以来の幅に拡大した。
米利上げ懸念の強まりと4日発表の雇用統計を控えた神経質な取引となった。
一時は0.3%)高い1ドル=148円28銭。
ポンドは対ドルで2%安。
対ドルでのポンド相場出所:ブルームバーグ   ニューヨーク原油先物相場は反落。
ブレント先物(青)出所:ICE、Nymex   世界最大の原油輸入国である中国を巡る不透明感も、原油への向かい風を強めている。
ロンドンICEの北海ブレント1月限は1.6%)下げて94.67ドル。
この日はイングランド銀行(英中銀)が利上げサイクルのピークを市場が過大評価しているとの見解を示し、これを受けてポンドが対ドルで下げ、ドル建てで取引される金への圧力が増した。
金利上昇は利息を生まない金の動因として米金融政策がいかに重要であるかをあらためて物語ると述べた。
 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は、前日比19.10ドル(1.2%)安い1オンス=1630.90ドルで終了した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】株続落、FOMC受け景気後退懸念が再燃-ドル148円台

Twitterでの意見

黒猫@猫の杜
米国株式相場は続落。雇用統計発表を控えた市場では、前日のFOMCを受けて米政策金利が従来予想より高い水準で長く維持されるとの見方が広がり、深刻なリセッションへの懸念が台頭した--【米国市況】株続落、FOMC受け景気後退懸念が再燃-ドル148…
めい@𓍝
【米国市況】株続落、FOMC受け景気後退懸念が再燃-ドル148円台
Manami Ichi
【米国市況】株続落、FOMC受け景気後退懸念が再燃-ドル148円台 - Bloomberg 2022年11月4日 5:54 JST .
ワールドニュース of ビジネス/株式/FX/仮想通貨
[Bloomberg] 【米国市況】株続落、FOMC受け景気後退懸念が再燃-ドル148円台 3日の米国株式相場は続落。10月の雇用統計発表を翌日に控えた市場では、前日の連邦公開市場委員会(FOMC)を受けて米政策金利が従来予想より高...

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう