おすすめ記事

【米国市況】株3日続落、断固たる利上げ姿勢嫌気-136円台に円反発

記事を要約すると以下のとおり。

16日の米株式相場は3日続落。
株価指数の先物とオプション、個別株のオプションの取引期限が重なる四半期に一度の「トリプルウィッチング」だったことから、値動きが増幅された面もあった。
 16日にはニューヨーク連銀のデーリー総裁も別のイベントで、「当局の物価安定目標への到達はかなり先だと発言。」
「市場がインフレについて、なぜそれほど楽観的なのか私には分からない」と述べた。
 ビアンコ・リサーチ創業者のジム・ビアンコ社長はブルームバーグテレビジョンで、市場は今年、米金融当局の認識のずれが過去最大級となっている。
米国債市場では年限が長めの国債は下落したものの、米企業活動が6カ月連続の縮小となったことが購買担当者指数(PMI)統計で示されると、下げ幅を縮小した。
 円は対ドルで反発。
為替直近値前営業日比変化率ブルームバーグ・ドル指数1264.301.07-0.8%ユーロ/ドル$1.0590-$0.4%  米東部時間16時50分  インベスコのチーフ・グローバルマーケット・ストラテジスト、クリスティーナ・フーパー氏は米金融当局が来年1-3月(第1四半期)にも利上げを停止するといった見通しを理由に、G10通貨は来年、対ドルで上昇すると予想。
 ユーロはドルに対して下落。
「ECBは別の道に進んでおり、それがユーロを一層魅力的にしている」と述べた。
バイデン米政権は戦略石油備蓄(SPR)の補充を開始すると発表したが、相場を圧迫した。
 バイデン政権がSPR補充計画開始-まず300万バレル購入(1)  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物1月限は2.17ドル下げて79.04ドル。
金  ニューヨーク金相場は反発したが、週間ベースでは下落。
しかし、その後は同水準を割り込んだ。
週間ベースでは0.2%下げた。
原題:StocksEndJitteryWeekLowerasFedHawksCircle:MarketsWrap(抜粋) 。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】株3日続落、断固たる利上げ姿勢嫌気-136円台に円反発

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう