おすすめ記事

【米国市況】S&P500が反落、NY連銀総裁発言が重し-149円台前半

記事を要約すると以下のとおり。

29日の米株式市場ではS&P500種株価指数が反落。
 エバーコアISIの中央銀行戦略の責任者、クリシュナ・グハ氏はリポートで「金融当局は24年の金利見通しについて厳しい姿勢を取りながらも、追加利上げが必要かどうかという今この瞬間の判断については現実的なアプローチを取り、結局は利上げを見送るとわれわれは考えている。」
米UAWのスト拡大、GMとフォードで決行-ステランティス回避米国債  米資産運用会社ブラックロックのラリー・フィンク最高経営責任者(CEO)は、地政学やサプライチェーンの変化でインフレがさらに持続的になるという考えに基づき、米10年債利回りは5%を超えると見込んでいる。
期間5ー10年の債券に引き続き強気だとした上で、「エネルギー価格は最近高騰しているものの、インフレ低下で債券の実質リターンは高まるはずだと述べた。」
為替直近値前営業日比変化率ブルームバーグ・ドル指数1265.94-0.00070.04%ユーロ/ドル$1.0573$0.5%低下したが、ほぼ変わらずで終えた。
 円は対ドルで小幅安。
日銀が政治的に現在の政策を維持するのが非常に困難になる水準に達しつつあると話した。
月間では5月以来の大幅安。
一時は上昇していたが、米国株の下げに連られるなどして下落に転じた。
    29日の石油業界データによれば、ロシアは来月に同国西部の主要港から輸出するディーゼル油の国外販売を既に禁止している。
ロシアのディーゼル油輸出、来月はほぼゼロの見込み-輸出禁止措置で  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物11月限はこの日が最終取引日。
12月限は90セント安の92.20ドル。
テクニカル面の重要な水準を下回ったことで、金価格に連動する上場投資信託(ETF)からの資金流出が加速している。
    金価格に連動するETFからの資金流出は、週間ベースで6月以来の大きさとなる見通し。
 原題:ReboundsFadeAfterNYFed‘OffersNoRelief’:MarketsWrap(抜粋)Dollar’sBestQuarterinYearDimsonShutdownRisk:InsideG-10OilPostsStrongestQuarterinMoreThanaYearAmidOPECCutsGoldSetforBiggestWeeklyLossSinceJuly2022onETFSelling  。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】S&P500が反落、NY連銀総裁発言が重し-149円台前半

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう