おすすめ記事

【米国市況】S&P500が小反落、景気減速懸念で利回り低下-134円台

記事を要約すると以下のとおり。

11日の米株式市場ではS&P500種株価指数が小反落する一方、ナスダック総合指数は小幅高になった。
アルファベットの上昇が寄与した。
フィットネス機器のペロトン・インタラクティブも安い。
米金融当局は物価抑制を図りながら景気の腰折れを回避するという綱渡りを強いられているが、両指標は金融引き締めがようやくインフレに影響を及ぼしている可能性を示した。
「現在、米国はリセッション(景気後退)下にはないようだが、亀裂の兆候が見え始めており、グローバルな圧力も残っている」と記述した。
「しかし、週間の数字は振れが大きく、非常に強いレベルから下げているに過ぎない。」
 米債務上限問題や銀行業界の安定を巡る懸念が残っているため、地合いは脆弱なようだ。
パックウェストの預金が減少、ウェスタン・アライアンスでは増加  大手銀行も軟調。
JPモルガンのダイモン氏、米国は「銀行危機を終わらせる必要」米国債市場では利回り曲線がブルフラット化。
国債直近値前営業日比(bp)変化率米30年債利回り3.38%-5.8-1.53%米2年債利回り3.74%-5.8-1.7-0.25ポイント引き上げ、インフレ圧力が持続すれば追加利上げが必要との考えを示したが、ポンドは下落した。
英中銀、0.59%  米東部時間16時54分  米経済指標の発表後、ドルは対円で一時、1ドル=133円75銭まで下げる場面があった。
 ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は終値で1バレル=70ドル近辺。
中国の消費者物価上昇率、4月は2年ぶり低水準-景気回復に偏り  WTIは通常取引終了後の時間外取引で下げを縮小。
「短期的に68-74ドルの間で値固めが見られる可能性がある」と述べていた。
金  ニューヨーク金相場は続落。
ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は16.60ドル(0.8%)下げて2020.50ドルで引けた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】S&P500が小反落、景気減速懸念で利回り低下-134円台

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう