おすすめ記事

【米国市況】S&P500が5月以来の安値、ハイテク安い-150円台前半

記事を要約すると以下のとおり。

26日の米株式相場は続落。
同社は前日の決算発表で、広告事業が支出のマクロ経済環境に大きく左右されるとの見解を示した。
イスラエル軍は、イスラム組織ハマスの標的を対象に限定的な地上戦を行ったと発表した。
【イスラエル】ハマス幹部を殺害、一時的にガザへ地上侵攻  今年の米国株上昇をけん引してきた「マグニフィセント・セブン」と呼ばれるテクノロジー7社の決算が好感されたのはマイクロソフトのみだ。
    7-9月(第3四半期)の米経済はほぼ2年ぶりの急速なペースで成長した。
米GDPは年率4.9%増、2021年以来の急成長-個人消費勢い増す(3)  インディペンデント・アドバイザー・アライアンス(IAA)の最高投資責任者(CIO)、クリス・ザッカレリ氏はGDPについて、「失業率が低水準を維持する限り、消費者は支出を続け、経済成長は継続する。」
国債  米国債相場は上昇。
 国債直近値前営業日比(bp)変化率米30年債利回り5.02%を付けた。
米長期債利回りの急上昇、高金利の長期化観測を反映-イエレン氏  22Vリサーチが実施した調査では、回答した投資家の71%が10年債利回りについて、まだピークを付けていないとの見方を示した。
インフレ率が金融当局の目標にずっと近づくまで利回りの低下が影響した。
主要10通貨ではニュージーランド(NZ)ドルとオーストラリア・ドルがアウトパフォーム。
センチメントはユーロ圏では低下傾向となっている一方、米国では驚くほど底堅さを維持していると分析。
前例のない連続利上げがインフレ抑制に成功するかどうかを見極めるため、1年余りで初めて金利を据え置いた。
ECB、金利据え置き-インフレ抑制見極め利上げいったん停止(1)  円は1ドル=150円台前半での推移となった。
イスラエルがガザへの地上侵攻を計画しているものの、金融市場全体の下げを背景に売りが優勢になった。
商品取引アドバイザーによる売りを呼び起こす可能性があると述べた。
金  ニューヨーク金相場は小幅続伸。
 リベラム・キャピタルのアナリスト、トム・プライス氏は「米国では活発な利上げサイクルが続いているものの、戦争のインフレへの影響に対応して調整があるとみている。」
ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は、同2.50ドル(0.1%)高い1997.40ドルで終えた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】S&P500が5月以来の安値、ハイテク安い-150円台前半

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう