おすすめ記事

【米国市況】S&P500は終値で初の5000超え、強気派に衰え見えず

記事を要約すると以下のとおり。

9日の米株式市場でS&P500種株価指数は4日続伸し、終値で初めて5000の大台を上回った。
「S&P500種の方向性は、経済と収益が改善しているのか悪化しているのかを反映している」と語った。
「市場は米金融当局が救世主になると信じていたが、経済の支えによって救世主は必要ないとの判断に転じている」と語った。
この興奮はまだ少し続くだろうと述べた。
過去10年の平均74%を大きく上回る。
米国株の急上昇、売りシグナル誘発近い-BofAのハートネット氏    eToro(イートロ)のオプション投資アナリスト、ブレット・ケンウェル氏は、相場は少し過熱気味だが、道を踏み外しそうになっている訳ではないとみている。
国債  米国債相場は下落(利回りは上昇)CPI年次改定の発表直後には上昇する場面もあったが、すぐに反転。
CPI年次改定で昨年12月のインフレ率が下方修正されたことなどに反応した。
 主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は、CPI年次改定の発表直後に上振れする場面があったものの、その後は1ドル=149円台前半でもみ合う展開。
 ドイツ銀行は9日の顧客向けリポートで、米国がリセッション(景気後退)に陥らない限り、円が「意味ある形で上昇に転じる」可能性は低いと指摘。
原油  ニューヨーク原油相場は5日続伸。
イスラエルのネタニヤフ首相は休戦の可能性を否定し、100万人余りが避難しているガザ地区南部への軍事侵攻を予告した。
先物の値動きを引き続き荒くしていると指摘した。
北海ブレント4月限は56セント高の82.19ドル。
CPI年次改訂はほとんど修正されず、金融政策の行方に注目が集まっている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】S&P500は終値で初の5000超え、強気派に衰え見えず

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう