おすすめ記事

【米国市況】S&P500は4月以来の大幅高、雇用統計控え-150円半ば

記事を要約すると以下のとおり。

2日の米株式相場は続伸。
売られ過ぎの状態だったことやポジション動向にも支えられた。
通常取引終了後の時間外取引では、アップルが下落。
最近の賃金上昇がインフレに与える影響を緩和する一助になるとみられる。
10月米雇用統計で非農業部門雇用者数は前月比18万人増の予想。
「弱い内容となれば、金利は引き続き低下するだろうが、金融状況はこれ以上緩まないかもしれない。」
 22Vリサーチが実施した調査では、回答した投資家の52%が3日の雇用統計はリスク選好の材料になると予想。
回答者の41%は平均時給が最も重要な指標になると考えており、2番目は雇用者数との見方も示された。
30年債利回り4.79%を付けた。
外為  ドル指数が約3カ月ぶりの大幅安。
一時は0.47-0.7%安の1ドル=149円85銭を付ける場面もあった。
短期的には上向きモメンタムが弱まるだろうと指摘。
「ドル売りがさらに進行するかどうか見極める上で」3日の雇用時計が非常に重要になると述べた。
従って、3日の雇用統計が一層重要になる。
イングランド銀行(英中央銀行)は政策金利を15年ぶり高水準の5.25%で据え置いた。
ドルが下落したことで、原油の需要見通しが改善した。
「労働市場に関する最近の軟調なデータを踏まえ、エネルギートレーダーは米金融当局の引き締めが終了したとの確信を強めている」と述べた。
 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物12月限は2.6%上げて86.85ドルで引けた。
市場では、米金融当局が追加利上げを実施するとの見方が後退した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】S&P500は4月以来の大幅高、雇用統計控え-150円半ば

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう