おすすめ記事

【米国市況】S&P500種、今年15回目の最高値更新-150円台前半

記事を要約すると以下のとおり。

1日の米株式相場は続伸。
米ISM製造業景況指数、予想外に低下-受注と生産が縮小圏に(1)米消費者の景況感、3カ月ぶりに冷え込む-ミシガン大の2月調査(2)  ネーションワイドのマーク・ハケット氏は「市場の勢いは依然として強く、一時的に弱い局面となってもすぐに強気派が買いを入れる格好となっている。」
 S&P500種は週間で2週連続の上昇。
 FHNファイナンシャルのクリス・ロウ氏は「2月のISM製造業景況指数は、ここ数カ月の上昇トレンドの緩慢な動きを強調するものだったが、上昇トレンドは維持されている」と指摘。
 アトランタ連銀のローガン総裁は「再び利上げを迫られることは望まない」と述べた。
シカゴ連銀のグールズビー総裁は1月のインフレデータに「多くのノイズがあったと分かっても意外ではないだろう」と指摘した。
外為  ニューヨーク外国為替市場では、ドル売りが優勢になった。
日本銀行の植田和男総裁はマイナス金利解除の時期について明確に示さなかった。
現物市場での需給タイト化が示唆される中、終値で1バレル=80ドルを上回る場面もあった。
 CIBCプライベート・ウェルスのシニア・エネルギー・トレーダーのレベッカ・バビン氏は「原油相場では80ドルが心理的な水準となっており、この水準を維持できればトレンドフォロー戦略にとって前向きなモメンタムのシグナルとなる可能性がある」と分析した。
石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国で構成する「OPECプラス」による減産も原油価格の下支え要素だ。
終値として昨年11月以来の高値となった。
ISM製造業景況指数の予想外の低下や消費者のセンチメント悪化を受け、年内に米利下げが実施されるとの見方が強まった。
    またこの日は、米金融当局者の発言に伴う米国債利回り低下も金を押し上げた。
ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は41ドル(2%)上げて2095.70ドルで引けた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】S&P500種、今年15回目の最高値更新-150円台前半

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう