おすすめ記事

【米国市況】S&P500種が小幅続伸、利回り上昇-ドルは135円台前半

記事を要約すると以下のとおり。

8日の米株式市場ではS&P500種株価指数が小幅続伸。
大型ハイテク株で構成するナスダック100指数も小幅高。
景気減速や地方銀行の健全性を巡る懸念はあるが、企業業績が恐れられたよりも良い結果となった。
 JPモルガン・チェースのチーフストラテジスト、マルコ・コラノビッチ氏は「米銀行セクターへのストレスに加え、債務上限の特別措置が使い切られる可能性が迫っていることを受け、足元のリセッションリスクが高まっている」と指摘。
 プリンシパル・アセット・マネジメントのチーフ・グローバル・ストラテジスト、シーマ・シャー氏は「力強い経済指標が続いており、FOMCのセンチメントがそれほど大きく転換する可能性は低い」と発言。
 10日発表の消費者物価指数(CPI)が金融政策の先行きや株式の地合いを巡り、新たな材料になる可能性がある。
 ゴールドマン・サックスの分析によると、S&P500種のハイテク株は他のセクターに比べ49%のプレミアムについて、業績見通しに加え、国内総生産(GDP)減速と金利低下というマクロ経済状況に支えられていると主張している。
アップルが52.5億ドル起債へ、5本立て-最長年限は30年 国債直近値前営業日比(bp)変化率米30年債利回り3.82%7.01.87%米10年債利回り3.51%7.02.04%米2年債利回り4.00%8.72.23%  米東部時間16時55分  イエレン米財務長官は膠着(こうちゃく)状態に陥っている債務上限問題を解決する上では、議会が上限を引き上げる以外に「良い選択肢はない」と述べた。
「しかし、バイデン政権が失うものが最も大きいため、連邦歳出に上限を設けるかどうかは興味深い。」
米国債利回りの上昇と融資調査がドル買いを誘った。
クロス円の売りに押され、一時は1ドル=134円台後半まで下げる場面もあった。
カナダでの供給混乱や米雇用統計に支えられた。
 英スタンダードチャータードの商品調査責任者、ポール・ホースネル氏は「雇用の数字が支えになっていることは間違いない」と指摘。
    ニューヨーク金相場は反発。
ただ、ドルが下げを埋める中、伸び悩む展開となった。
金は最高値が射程圏内に入っており、オンス当たり2000ドルを上回って推移している。
 スポット価格はニューヨーク時間午後3時2分現在、前営業日比0.2%高の2033.20ドルで終了した。
原題:USStocksEdgeHigherasRecessionOddsChewed:MarketsWrap(抜粋)DollarReversesDeclineAfterLoanSurveyResults:InsideG-10OilClimbsonTechnicalCorrection,CanadianOutputDisruptionsGoldEdgesHigheronDollarWeaknessasUSInflationDataLooms。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】S&P500種が小幅続伸、利回り上昇-ドルは135円台前半

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう