おすすめ記事

【米国市況】S&P500種が続伸、ハイテク上昇-ドルは139円台前半

記事を要約すると以下のとおり。

9日の米株式相場は続伸。
ネットフリックスは2.6%上昇。
テスラ売上高に30億ドルの押し上げ効果、EV充電規格「標準化」でネットフリックス、パスワード共有への対応で新規加入者増加-調査  S&P500種はハイテク銘柄が寄与する形で上昇基調を続け、昨年10月に付けた安値からの上昇率が20%に達すると、強気相場入りと見なされる。
 シティグループの米株トレーディング戦略責任者スチュアート・カイザー氏は、どのようにしたら相場の上振れが勢いを増すと想定することに慎重な姿勢を示した。
 同氏は「この節目を超えたことで強気相場の領域に入ったと多くの投資家は考えているが、これがベアマーケットラリー(弱気相場における一時的な反発局面)である可能性は残されている」と指摘。
来週12日に3年債と10年債の入札が予定されており、市場で意識されたもようだ。
9日の市場ではユーロが軟調。
複数の関係者(1)  ブラウン・ブラザーズ・ハリマンの通貨戦略グローバル責任者、ウィン・シン氏はリポートで、「植田和男総裁率いる日銀は、16日の政策決定を控え非常にハト派寄りの見解を示していると指摘。」
日銀が予想外の行動を考えていない限り、140円を下回る水準でのドル買いが推奨されようと記した。
週間ベースでは約2%の下落。
OPEC減産で原油は年内90ドル台に上昇も-ゴールドマンのカリー氏  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は、前日比1.12ドル(1.5%)安の74.79ドルで引けた。
米政府、戦略石油備蓄向けに300万バレル買い入れへWTI先物は今週、不安定な値動きとなった 金  ニューヨーク金相場は反落した。
ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は、前日比1.40ドル(0.07%)下げて1977.20ドルで引けた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】S&P500種が続伸、ハイテク上昇-ドルは139円台前半

Twitterでの意見

米国株採集@ときどき優待株
ロシアの影響は限定的。利上げリスク浮上により米国債は上昇幅を縮める展開。ドルは 10通過に対して下落。原油は反発、ドル安で輸入業者には魅力的な格好。金は小幅続伸。 【米国市況】株続落、ハイテクは利食い売り優勢-ドルは143円台半ば から
Nagara
【米国市況】ロシア武装蜂起の影響は限定的 株続落、ハイテクは利食い売り優勢 債券は上昇幅を縮める ドル143円台半ば 、主要通貨に対してドルほぼ全面安 原油反発、ドル下落で輸入業者にとって原油の魅力高まる。ロシアの武装蜂起を今のところは受け流している 金小幅続伸

Twitterでフォローしよう