おすすめ記事

【米国市況】S&P500種が続伸、5000の大台に接近-ドル148円台前半

記事を要約すると以下のとおり。

7日の米株式市場は上昇。
銀行持ち株会社ニューヨーク・コミュニティ・バンコープ(NYCB)株の乱高下さえも株強気派の意欲を衰えさせるには至っていない。
    市場参加者は米金融当局者の発言にも引き下げる緊急性はほとんどないとの立場を示唆した。
ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は、金融当局は利下げを実施する前に「さらに数カ月」のインフレデータを目にする必要があると指摘。
MSCI世界指数が最高値を更新、米大型ハイテク株への熱狂で国債  過去最大規模となった420億ドルの10年債入札は堅調な需要を集めた。
応札倍率は2.56倍。
国債直近値前営業日比(bp)変化率米30年債利回りはパウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長が2024年の利下げの可能性を示唆した昨年12月中旬以降、4%を挟んで推移している。
  為替  外国為替市場ではドル指数がほぼ横ばい。
市場では、スイス国立銀行(中銀)が自国通貨安に誘導するのではないかとの観測が強まっている。
日本銀行によるマイナス金利解除の時期を巡る手掛かりを得ようと、トレーダーは8日の内田真一副総裁の講演に身構えている。
高値と安値の差が1ドルという狭いレンジで、上げ幅の拡大・縮小が続く展開だった。
74ドルは上値抵抗線となっており、この水準を一時上回ったことでトレンドフォロー型の売買を行うアルゴリズム取引による売りを招いた。
     コンサルティング会社オイリティクスの創業者ケシャブ・ロヒヤ氏は「原油相場は狭いレンジ内での取引が続いている」と指摘。
北海ブレント4月限は62セント(0.8%)高の79.21ドル。
  金スポット価格はニューヨーク時間午後2時18分現在、86セント安の1オンス=2035.28ドル。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】S&P500種が続伸、5000の大台に接近-ドル148円台前半

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう