おすすめ記事

【米国市況】S&P500種は反落、買われ過ぎの兆候-ドル147円近辺

記事を要約すると以下のとおり。

8日の米株式市場はS&P500種株価指数が反落。
エヌビディアは7営業日ぶりに下落した。
半導体部門の2023年11月-24年1月(第1四半期)売上高が市場予想を下回った。
想定されている米連邦公開市場委員会(FOMC)の利下げ前に株式のポジションは「引き伸ばされている」という。
S&P500種株価指数出所:ブルームバーグ  2月の非農業部門雇用者数は前月比27万5000人増。
 プリンシパル・アセット・マネジメントのシーマ・シャー氏は雇用統計の内容は「ばらばらでまとまりがない」と話す。
 カーソン・グループのソヌ・バーギーズ氏は雇用統計について、労働市場は強いが過熱はしていないことを裏付けると指摘。
つまり、年末までの100ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)近い引き下げをトレーダーが見込んでいることを示唆する。
 シカゴ連銀のグールズビー総裁はこの日、インフレがさらに鈍化するのに伴い、米金融当局は年内に利下げへ-インフレ2%に戻す必要  米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は今週の議会証言で、労働市場は「需要と供給のバランスが改善してきた」と指摘。
 BMOキャピタル・マーケッツのイアン・リンジェン氏は、「軟調な賃金の数字が目に止まったとし、「今回の賃金インフレを巡る最新状況は、パウエルFRB議長が発した利下げ開始が近づいているというメッセージを反映していると述べた。」
雇用統計を巡っては、前月まで2カ月間の非農業部門雇用者数が下方修正された点が特に意識された。
週間では昨年12月以来の大幅な下落率となった。
為替直近値前営業日比変化率ブルームバーグ・ドル指数1229.36-1.0939-$0.64%ユーロ/ドル$1.72-0.5%下げ、1月15日以来の安値を付けた。
週間では約2%安と、今年最大の下げとなった。
 ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は1バレル=78ドル近辺で終え、心理的な重要な80ドルからさらに遠ざかった。
原油先物上昇、カナダと米国を含むOPEC加盟国以外からの供給は拡大している。
北海ブレント5月限は88セント安の1バレル=78.01ドルで終了。
米雇用統計を受けて利下げ観測が強まり、金買いが続いた。
「経済情勢や地政学的緊張、インフレに対するヘッジとして安全資産に逃避する不安定な時期に金は魅力を増す傾向がある」と述べた。
原題:StocksSuffer‘HeatCheck’asRallyHitsaWall:MarketsWrap(抜粋)TreasuriesWhipsawPost-Payrolls;CurveSteepensBeforeAuctionsDollarPostsBiggestWeeklyDeclineSinceDecember:InsideG-10GoldExtendsRecordRunWith$2,200inSightAfterUSJobsDataOilPostsLeastVolatileWeekSince2021WithPricesRangebound。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】S&P500種は反落、買われ過ぎの兆候-ドル147円近辺

Twitterでフォローしよう