おすすめ記事

【米国市況】S&P500種は小反発、CPIや決算控え慎重-141円前半

記事を要約すると以下のとおり。

米株式相場は慎重な雰囲気で1週間をスタート。
大手銀行で構成する指数は上げ幅を縮小。
一方、アトランタ連銀総裁、FRBは忍耐強くいられるとの見解を示した。
モルガン・スタンレーのマイケル・ウィルソン氏は、高い株価バリュエーションと金利上昇、流動性低下を踏まえ、企業の業績見通しが通常以上に重要になるだろうとの見方を示した。
 JPモルガン・チェースやシティグループ、ウェルズ・ファーゴが14日に業績を発表し、決算シーズンが本格化する。
 その上で、企業の見通しが大きな失望を誘う内容になれば、「株式市場にとって深刻な向かい風となるだろうと続けた。」
経済で見られるディスインフレの動きを踏まえれば、先週の売りは行き過ぎていたとの見方が浮上した。
6月のADP統計で雇用者数が急増し、年内あと2回の追加利上げ観測が高まったことが背景にある。
またモルガン・スタンレーは、インフレ率は「年末にかけて急速に低下する可能性が高い」との見方から、米5年債の買いを勧めた。
「インフレ減速や労働市場軟化の兆しがあれば、こうした水準にある相場はもっと上昇しそうだ」と述べた。
 日本のインフレ期待はおよそ9年ぶりの高水準、長期金利に上昇圧力為替直近値前営業日比変化率ブルームバーグ・ドル指数1223.84-2.98-0.90-0.31%  米東部時間16時56分  ブラウン・ブラザーズ・ハリマンの通貨戦略グローバル責任者、ウィン・シン氏は「根強いコアインフレは全ての主要中銀の政策に大きな影響を及ぼす」と指摘。
米金融当局が先月に利上げを見送ったのは間違いだったと私が考えるのもそれ故だと述べた。
夏場で薄商いとなる中、テクニカル要因の売りに押される格好となった。
 市場のセンチメントは、中国経済がデフレの瀬戸際にあることを示した経済統計などで弱含んだ。
 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は同78セント(1.2%)下げて1バレル=72.99ドルで終了。
ニューヨーク商品取引所(COMEX)の先物8月限は前年同月比3.1%未満)安の1オンス=1931ドルちょうどで取引を終えた。
それでも、多くのトレーダーはなお今月のFOMC会合で利上げが行われると予想。
中国は先月、8カ月連続-ドル離れを進めているとみられる。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】S&P500種は小反発、CPIや決算控え慎重-141円前半

Twitterでの意見

なっしー/FX swing trader
【米国市況】S&P500種は小反発、CPIや決算控え慎重-141円前半
Nagara
【米国市況】 S&P500種は小反発、CPIや決算控え慎重 国債利回り低下、5年債利回りは過去1カ月余りで最大の下げ 円は上昇、対ドル141円台前半-3週間ぶり高値 原油反落。夏場で薄商いとなる中、テクニカル要因の売りに押される格好 金小反落
ナウティスニュース【公式】
最新コメント10件(07/11 08:40) 【米国市況】S&P500種は小反発、CPIや決算控え慎重-141円前半|ナウティスニュース
イセタンちゃん
株式相場は上期に力強い上昇を演じて以降、モメンタムが減速。経済のさまざまな要因が企業利益に及ぼす影響を巡り、懸念が再燃したことが背景にある。 【米国市況】S&P500種は小反発、CPIや決算控え慎重-141円前半 - Bloomberg
snufkin
【米国市況】S&P500種は小反発、CPIや決算控え慎重-141円前半 >>>国債利回り低下、5年債利回りは過去1カ月余りで最大の下げ >>>円は上昇、対ドル141円台前半-3週間ぶり高値 …
米国株採集@ときどき優待株
米国債利回り低下。モルスタは年末にはインフレ低下と見て5年国債に買い。円が上昇し、対ドルでは1ドル=141円台前半となる。原油はテクニカルで反落。金は小反落。 【米国市況】S&P500種は小反発、CPIや決算控え慎重-141円前半 から
siroku829🌗
テスラが1.8%安、アマゾン・ドット・コムも「プライムデー」のイベントを前に売られるなど、巨大テクノロジー株による支えもあまり得られなかった。 【米国市況】S&P500種は小反発、CPIや決算控え慎重-141円前半 …
Katsuya
【米国市況】S&P500種は小反発、CPIや決算控え慎重-141円前半 2023年7月11日 6:02 JST 国債利回り低下、5年債利回りは過去1カ月余りで最大の下げ 円は上昇、対ドル141円台前半-3週間ぶり高値

Twitterでフォローしよう