おすすめ記事

【米国市況】S&P500種は年24%高、利下げ観測支え-ドル141円近辺

記事を要約すると以下のとおり。

29日の米国株式市場は下落。
 年初来では約24%の値上がり。
「しかし地政学的・国内的なシナリオに加え、2024年も好調な年になるという前向きなコンセンサスを背景に、市場参加者の裾野が広い限りは強気なセンチメントが指数をけん引するはずだ」と述べた。
 カンビア・インベスターズのブライアン・バリシュ氏は「2022年から23年にかけてのインフレ高進を沈静化させるのに、中銀は間違いなく十分な仕事をしたとの見方があり、それが上昇の原動力になっている」と指摘。
S&P500種株価指数出所:ブルームバーグ  サマーズ元米財務長官は市場で米金融緩和への期待が急速に高まる中、投資家はインフレのリスクを恐らく過小評価しているとの見方を表明。
 VIXは今週13を下回ったままで、これは新型コロナウイルス流行前の最低水準に近く、5年平均を大きく下回る。
「しかし、時間とともに値固めが進めば、買われ過ぎの状態を緩和する一助となる。」
ただ、年間では上下に大きく変動した後、年初とほぼ同水準で終えた。
しかし、わずか数カ月後には節目とされる5%を16年ぶりに突破するなど、振れの大きい展開となった。
多くのストラテジストが不意を突かれた。
「24年もまた不安定な年になるだろう」と述べた。
為替直近値前営業日比変化率ブルームバーグ・ドル指数1212.890.38-0.560.05%ドル/円¥141.03-¥0.560.560.560.27%ユーロ/ドル$1.1038-$0.21%  米東部時間16時50分  ドル指数は年間では約2.7%下落。
市場予想は50、前月は55.8だった。
直近では141円近辺で推移。
年間では2020年以来の大きな下げとなった。
 ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)原油先物は29日の取引で、1バレル=72ドルをやや下回る水準で引けた。
 23年の原油市場は波乱の1年となった。
 コンサルティング会社エナジー・アスペクツの共同創業者で調査責任者のアムリタ・セン氏は「今年は多くのトレーダーや投機家が大打撃を被った。」
前日のエネルギー省のデータでは大きな在庫減少が示された。
ロンドンICEの北海ブレント3月限は0.1%安の77.04ドル。
米金融当局が2024年に景気抑制的な政策スタンスを緩和させ始めるとの見方が強まった。
 インフレが鈍化し労働市場の熱気が冷める中、金融当局が24年に政策を転換させて緩和に動くとの見方が、10月以降の市場で強まっている。
そうした見方を背景に米国債利回りとドルが下げる中で、金は10月6日以降に13%近く上昇した。
金はさらに、地政学的な不確実性といった要素にも支えられている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【米国市況】S&P500種は年24%高、利下げ観測支え-ドル141円近辺

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう