おすすめ記事

【ECB】タカ派的な緩和、政策の方向性は不透明-市場関係者の見方

記事を要約すると以下のとおり。

欧州中央銀行(ECB)は6日、利下げの約束を果たしたが、インフレ率が目標の2%に戻るにはこれまで予想していた以上の時間がかかるとの見通しを明らかにし、今後の政策の方向性を巡り投資家を疑心暗鬼にさせた。
◎アビバ・インベスターズのシニアエコノミスト兼ストラテジスト、バシレイオス・ギオナキス氏:利下げの発表は、あらかじめ約束していたことをほごにすればあまりにも恥ずかしいからで、それがほぼ唯一の理由だ。
ラガルド総裁は追加利下げの余地が限られる可能性がある◎カンドリアムのニコラス・フォレスト最高投資責任者(CIO):6日の初回利下げは持続的な緩和サイクル開始を示唆するものではないかもしれない。
ECBが次に動くタイミングは不明だ。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 【ECB】タカ派的な緩和、政策の方向性は不透明-市場関係者の見方

Twitterでフォローしよう