おすすめ記事

かんぽ生命、円債投資は待ち姿勢-ボラティリティー上昇「必ずある」

記事を要約すると以下のとおり。

かんぽ生命保険の野村裕之執行役員兼運用企画部長は、 日本銀行のイールドカーブコントロール(長短金利操作、YCC)修正などにより「金利のボラティリティーが上がる場面が必ずある」とみており、金利上昇局面で機動的に円債投資を行う意向を示した。
 YCC修正の時期は早くても秋以降と予想。
 野村氏は、国内の物価上昇は人手不足や高齢化、世界的なインフレが単年度で終わるものではないとの見方が市場参加者の間で少しずつ共有されていると指摘。
野村氏は「国内投資家の買い需要が相当大きいため、瞬間的に金利上昇圧力が高まっても、その後は逆に低下する場面もあるだろう」と予測した。
野村氏は「金利スワップの固定受けは金利リスク削減を進める上で超長期債を買うのと同じ効果を見込めるため、金利が上昇する場面では使っていく」と述べ、23年度も段階的に取引を行う意向を示した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース かんぽ生命、円債投資は待ち姿勢-ボラティリティー上昇「必ずある」

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう