おすすめ記事

きょうの国内市況(4月21日):株式、債券、為替市場

記事を要約すると以下のとおり。

国内市況の過去の記事はこちらです。
外国為替相場での円相場の強含みに加え、米電気自動車(EV)メーカーのテスラの株安を受けて自動車株に売りが出た。
TOPIXの終値は前日比4.67ポイント(0.3%)安の2万8564円37銭東海東京調査センターの仙石誠シニアエクイティマーケットアナリスト自動車株が安かったのはテスラの影響と円高だろう。
前日に20年国債入札の低調で下落した超長期債が堅調となったことも相場にプラスとなった。
 長期国債先物6月物の終値は前日比23銭高の147円71銭。
日本銀行の金融政策決定会合を1週間後に控えて、全国消費者物価指数(CPI)が強めだったことや、米中関係のさらなる悪化を警戒したリスク回避の動きも円高圧力となった。
ドル・円については、生鮮食品とエネルギーを除いた「コアコアCPIの伸びが加速したことで、日銀による早期の政策修正期待も出て円買いになりやすかった面もある」と話した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース きょうの国内市況(4月21日):株式、債券、為替市場

Twitterでの意見

𝙣𝙖𝙣𝙖𝙬𝙖𝙧𝙖𝙞
きょうの国内市況(7月7日):株式、債券、為替市場 ●日本株4日続落、米利上げ継続や株式需給を懸念-輸出関連や素材安い ●円が全面高、株安受けたリスク回避の買いで-ドル・円は143円台半ば
不識庵はろうきてぃ謙信
きょうの国内市況(7月7日):株式、債券、為替市場 今週のTOPIXは-33.70と2週ぶり反落 週足F/Sストキャスは全波形が下降トレンドに転換、週足RCIはデッドクロス、週足MACDは+82.46と年初来高値更新を確定
fugasan
愉しんでいただけてますか? "日経平均の値動きは荒く、取引時間中の高値と安値の値幅は957円91銭と今年の最大になった" きょうの国内市況(6月23日):株式、債券、為替市場 より
fugasan
"NBCフィナンシャルマーケッツのデービッド・ルー氏はドル・円相場について、米国休場で新規手掛かりに欠けることに加え、「実需や142円ちょうどをストライクとしたオプションに絡んだ売りで伸び悩んでいる」" きょうの国内市況(6月19日):株式、債券、為替市場
トルコ
きょうの国内市況(6月12日):株式、債券、為替市場 - Bloomberg

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう