おすすめ記事

きょうの国内市況(5月29日):株式、債券、為替市場

記事を要約すると以下のとおり。

国内市況の過去の記事はこちらです。
米国の債務上限問題で原則合意に達したことや堅調な米経済統計を受け、投資家心理が改善した。
TOPIXの終値は前営業日比14.81ポイント(0.7%)高の3万1233円54銭日中ベースの年初来高値を更新して1990年7月以来の高値インベスコ・アセット・マネジメントの木下智夫グローバル・マーケット・ストラテジストこのところグローバル株式相場の重しになっていた米債務上限引き上げ問題が解決に向けて大きく前進したことで、欧米株の上昇が視野に入る日本株は元々好調を続けてきたが、そういった期待感がさらに織り込まれて一気に上昇した形になっているただ、債務上限問題はまだ大枠で合意ができただけ、上院は特に大きな問題はないが、下院で過半数の票が獲得できるかが焦点東証33業種上昇率上位海運、卸売、銀行、保険、鉱業下落率上位食料品、陸運、小売 ●債券下落、米債務上限合意や米追加利上げ観測が重し-需給環境は支え(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)  29日の債券相場は下落。
 SMBC日興証券の小路薫金利ストラテジストは「米債務上限で合意といっても米議会で通過するか分からず、米国債市場の反応もまだ見られない中で、大きく売られるまでには至っていない」と指摘。
小路氏は「日本株がかなり堅調なため、年金からリバランスの買いが強い」との見方を示し、需給要因も交錯することで相場の値幅が大きくなりやすいと指摘した。
結果は残存期間3-5年オペの応札倍率が1.34倍まで低下して売り圧力の弱さを示したが、その他の年限は無難な結果だった。
その後は週内に発表される米主要経済指標や債務上限引き上げを巡る議会手続きを控えて、いったんドルを売る動きが優勢となった。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース きょうの国内市況(5月29日):株式、債券、為替市場

Twitterでの意見

𝙣𝙖𝙣𝙖𝙬𝙖𝙧𝙖𝙞
きょうの国内市況(7月5日):株式、債券、為替市場 ●日本株続落、米経済指標発表控え持ち高調整売り-商社や内需関連安い ●ドル・円は144円台後半、需給ギャップマイナスで緩和維持との見方
fugasan
愉しんでいただけてますか? "日経平均の値動きは荒く、取引時間中の高値と安値の値幅は957円91銭と今年の最大になった" きょうの国内市況(6月23日):株式、債券、為替市場 より
fugasan
"NBCフィナンシャルマーケッツのデービッド・ルー氏はドル・円相場について、米国休場で新規手掛かりに欠けることに加え、「実需や142円ちょうどをストライクとしたオプションに絡んだ売りで伸び悩んでいる」" きょうの国内市況(6月19日):株式、債券、為替市場
トルコ
きょうの国内市況(6月12日):株式、債券、為替市場 - Bloomberg

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう