おすすめ記事

ぬか喜びのウォール街-195兆円規模のCLO市場縮小、経済にも影響

記事を要約すると以下のとおり。

レバレッジドファイナンス、つまり企業の合併・買収(M&A)の原動力となり、1兆3000億ドル(約195兆円)規模のローン担保証券(CLO)市場を潤す融資に携わる投資バンカーは、つかの間の喜びに浸っていた。
10年に及ぶ低金利期にバンカーはCLOをニッチな証券化ビジネスから資本市場の一つの柱に育て上げた。
フェデレーテッド・ハーミーズの投資家、アンドルー・レノックス氏は「CLO市場はしばらく混乱している」と語る。
銀行など一般的な金融機関は融資に消極的で、低格付け企業の借り換えが一段と厳しくなる。
欧州ではそれ以上だ。
金融危機以前  需要減少により既発証券の借り換えが困難になっていることから、多くのCLO運用会社も苦しんでいる。
だが、今の新たな傾向はCLOのコール(期限前償還)で、かつての真逆だ。
だが、今はそれほど簡単な道ではないと言う。
 CLOはトランシェに分割されており、シニア部分が投資適格と評価され、その下のメザニン部分とエクイティー部分が最もリスクの高い層を構成する。
 JPモルガンとシティ、ウェルズ・ファーゴ、BofAの担当者はコメントを控えた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース ぬか喜びのウォール街-195兆円規模のCLO市場縮小、経済にも影響

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう