おすすめ記事

みずほ、資産運用強化へ出資や買収積極化-残高10年で1兆ドル目指す

記事を要約すると以下のとおり。

みずほフィナンシャルグループは10年以内をめどに運用資産残高を現在の2倍超の1兆ドル(約147兆円)に増やす方針だ。
企業や個人を「金融機関として資産形成を全力でサポートしていかないといけない」と述べた。
年明けからの新たな少額投資非課税制度(NISA)開始を受け、金融機関の顧客獲得競争が激化する中、みずほFGは中長期的な目標を定めて運用事業の拡大を目指すという。
 国内の大手銀行グループでは、三菱UFJフィナンシャル・グループや、りそなホールディングスも運用資産残高の拡大方針を打ち出している。
今後、運用実績などに応じて報酬額がより上下する仕組みを検討する。
日本では、どれだけ優秀なファンドマネジャーでも億円単位の報酬を手にすることはまれというのが実情だ。
 同社では2020年度から職務上の階級を区分けする職階を廃止し、きめ細かく評価する制度を導入した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース みずほ、資産運用強化へ出資や買収積極化-残高10年で1兆ドル目指す

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう