おすすめ記事

アイカーン氏一段と苦境に、自社株急落で資産減少-ライバルもやゆ

記事を要約すると以下のとおり。

資産家カール・アイカーン氏を巡る状況は悪化の一途をたどっている。
 ウォール街の伝説的な一匹おおかみであるアイカーン氏の苦境はIEPの持ち分を担保に多額の借り入れを行った。
IEPの株価が下がり続けていることからマージンコールの可能性が高まっている。
 ヘッジファンド運営会社チューダー・インベストメントの創業パートナーで、現在は自身のファミリーオフィス、コンピューター・トレーディングの社長を務めるピーター・ボリッシュ氏は「よくある話で、レバレッジはもろ刃の剣ということだ」と指摘。
 アイカーン氏の企業はアルケゴスを「若干」想起させるとコメントした。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース アイカーン氏一段と苦境に、自社株急落で資産減少-ライバルもやゆ

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう