おすすめ記事

アジアの中銀、債券通じ自国通貨防衛-外貨準備取り崩し回避図る

記事を要約すると以下のとおり。

米利上げ長期化懸念と世界的な緊張の高まりがリスク資産を圧迫する中で、アジア新興国の政策当局は自国通貨を守るため非伝統的な手法に目を向けている。
インド準備銀行(中銀)は今月、資金を吸収するため債券売りを増やすことを検討していると発表した。
Asia'sPolicyRatesAreLowerThanEMPeersSource:BloombergNote:MeasurescurrentspreadbetweendomesticpolicyrateandFedraterelativetothefive-yearaveragespread  クレディ・アグリコルCIBの新興国市場の政策当局は自国通貨を支える新しい手法で、かなり賢いやり方だと述べた。
同時に、ロシアのウクライナ侵略とイスラエル・ハマス紛争が原油価格とドル買い需要を押し上げている。
   JPモルガン新興市場国債指数では中国とインドの国債は計22.2%を占めているとJPモルガンの担当者は説明している。
 インドがこれまで採用してきた措置はおおむねうまくいっており、ほとんどの新興国が通貨安に陥っているにもかかわらず、ルピーは今年ほぼ横ばいで推移している。
インドネシア国債の売りが膨らむ中でのSRBI導入だった。
 中国は人民元を支えるため、さまざまな手段を講じている。
中国の場合、国債を保有する投資家はキャッシュレートが上昇するにつれてヘッジが難しくなっている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース アジアの中銀、債券通じ自国通貨防衛-外貨準備取り崩し回避図る

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう