おすすめ記事

アダニの陰の実力者は兄ビノド氏か、複雑構造のグループで戦略策定も

記事を要約すると以下のとおり。

インドの新興財閥アダニ・グループが昨年8月、105億ドル(現在のレートで約1兆4160億円)を投じてセメント企業2社の買収完了に近づいていた際、同グループと取引銀行は極めて複雑な届け出を提出した。
 しかし、アダニ・グループにとって最大級の買収案件で両氏の名前が浮上しており、肥大化したアダニ帝国でビノド氏が行使する影響力の強さ、そして大きなビジネスを展開する際には、小さな企業を複雑に介在させるアダニ一族独特のスタイルが示唆される。
 こうした事業体について「定期的かつひそかにアダニと取引している」との見方を示したが、インドのグループ本社に問い合わせるよう求められた。
 アダニ・グループの広報担当者はブルームバーグ・ニュースが送付した具体的な質問事項に対し、「ビノド・アダニ氏はアダニ上場企業、またはその子会社でいかなる役職にも就いておらず、日常業務にも当たっていないと回答。」
目立たず  事情に詳しい関係者は話す。
 クアエロ・キャピタルのロンドン在勤ポートフォリオマネジャー、アリス・ワン氏はアダニ・グループ上場企業の株式を保有する資産家でドバイで暮らしている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース アダニの陰の実力者は兄ビノド氏か、複雑構造のグループで戦略策定も

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう