おすすめ記事

アックマン氏、クローズドエンド型ファンドに約250億ドル

記事を要約すると以下のとおり。

ヘッジファンド運用者ビル・アックマン氏は、長く困難なアクティビスト・キャンペーンには慣れている。
パーシング・スクエアUSAは250億ドルを上回ることになる。
パーシング・スクエア、米ファンドに250億ドル調達目指す-NY上場へ  CEFアドバイザーズのジョン・コール・スコット社長は「250億ドルの資金を調達するのは難しいが、アックマン氏には高い信頼と多くのリソースがあることは知っている」と発言。
 クローズドエンド型ファンドは、証券取引所に上場されているポートフォリオで、ジャンク債や債券のような現金を生み出す資産で構成されており、一般的には定期的な収入を求める退職者向けに販売されている。
ブルームバーグがまとめたデータによると、2019年以降、新規に組成されたクローズドエンド型ファンドの約4分の3が、ある月にディスカウント価格で取引されている。
今年は2022年以来初のクローズドエンド型ファンドのIPOがあった。
 「米国のクローズドエンド型ファンド市場にとって、著名なマネジャーによって新しいファンドが運用されるのは良いことだとスコット氏は言う。」
価格は1株50ドルとしている。
 CEFアドバイザーズのスコット氏は、12カ月の手数料免除は良い出発点だ。
 パーシング・スクエアの担当者はコメントを控えた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース アックマン氏、クローズドエンド型ファンドに約250億ドル

Twitterでフォローしよう