おすすめ記事

アップル、市場予想より大幅減収-供給問題や景気減速響く

記事を要約すると以下のとおり。

米 アップルが2日発表した昨年10-12月(第1四半期)決算では、売上高がウォール街の予想よりも大幅に減少した。
中国の新型コロナウイルス関連規制の影響で、iPhoneの最も人気な機種を十分に出荷できなかったことも不振の要因となった。
シノバス・トラストのシニアポートフォリオマネジャー、ダニエル・モーガン氏がアップルの決算についてコメントSource:Bloomberg  アップルは新型コロナのパンデミック(世界的大流行)が始まった2020年に売上高見通しの提示を取りやめており、今回も同様に1ー3月(第2四半期)の見通しは示さなかった。
 サービス収入は208億ドルで、市場予想の205億ドルを上回り、前年同期の195億ドルから伸びた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース アップル、市場予想より大幅減収-供給問題や景気減速響く

Twitterでの意見

チクタン⏰|アラフォーITエンジニアApple Vision Proに挑む。
市場の反応を見て適正価格を探る上でも先日の価格発表だったってことでしょうね。 アップル、MRヘッドセット「Vision Pro」の生産予想引き下げ-報道 より
ハーブ
おはようです。 NY市場は、パウエルFRB議長が利上げはデータ次第と表明したことで、インフレがより速いペースで鈍化し、失業率は上昇し始めるとみて利上げはあと2回ではなく1回を予想し、アップルなどのハイテク株主導でナスダックが1%近く上昇、ダウ…
株キタサン
おはようです。 NY市場は、パウエルFRB議長が利上げはデータ次第と表明したことで、インフレがより速いペースで鈍化し、失業率は上昇し始めるとみて利上げはあと2回ではなく1回を予想し、アップルなどのハイテク株主導でナスダックが1%近く上昇、ダウはエネルギーが重しとなり横ばいでした。
もか。🫠
米国債利回り低下を受けて高PER(株価収益率)のアップルとマイクロソフトがそれぞれ1.1%と3.2%上昇 2021年11月に記録した過去最高値を更新 5月の小売売上高は予想外に増加 週間の新規失業保険申請件数は前週から横ばいとなったが、市場予想を上回った(雇用が予想より強い)
まつかぼーい@28歳会社員
今日のS&P500 前日比+1.32% 【今日の注目】 🙆‍♂PPIが前月より0.5%下落、市場予想を下回ったことで利上げ懸念が和らいだ 🙆‍♂アップル、マイクロソフトなどのハイテク株が上昇 🇯🇵ファーストリテイリングが好決算発表  売上高10兆円を目指すことを発表!  成功カギは海外での成長!

Twitterでフォローしよう