おすすめ記事

アップル、潤沢な資金を手に大規模買収の臆測再浮上-現実性に疑問も

記事を要約すると以下のとおり。

米 アップルの成長鈍化と手元資金が潤沢なバランスシートを受け、同社による大規模な企業買収があるのではないかとの臆測が再び浮上している。
 アップルは、努力が結実するのに何年もかかるとしても、新たな市場に向けた独自の取り組みを強化するために小規模のスタートアップ企業の買収を好む。
過去20年間のアップルの配当を含む年間リターンは平均でプラス39%。
故障がないなら、修理は不要ということだと指摘。
マイクロソフトが進めているビデオゲームメーカー、アクティビジョン・ブリザードの買収計画は690億ドル規模に上る。
 エドワード・ジョーンズのアナリスト、ローガン・パーク氏は、アップルはこれまで規模の小さめの、小刻みな買収を行うことで成功を収めてきているため、大型買収に乗り出せば多くの懸念を抱かせることになるだろうと語った。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース アップル、潤沢な資金を手に大規模買収の臆測再浮上-現実性に疑問も

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう