おすすめ記事

アップル株の投資判断、また引き下げ-iPhone販売巡る懸念高まる

記事を要約すると以下のとおり。

米 アップルは既にウォール街で最も人気のない大型ハイテク株となっている。
同氏は「販売台数の伸び率はピークに達した」とみている。
この日のパイパー・サンドラーの投資判断引き下げで、アップルへの「買い」推奨の比率はさらに低下し、同社に強気なアナリストの割合は約3年ぶりの低水準となった。
 アップル株は4日の米株式市場で4営業日続落し、時価総額1640億ドル(約23兆7400億円)を失った。
 ウォール街でアップルに「買い」相当の投資判断を付与しているのは33社。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース アップル株の投資判断、また引き下げ-iPhone販売巡る懸念高まる

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう