おすすめ記事

アラスカ航空の737MAX-9、吹き飛ばされた一部を回収-米当局

記事を要約すると以下のとおり。

アラスカ航空が運航するボーイング737MAX-9型機の機体の一部が5日の飛行中に吹き飛ばされた問題で、米運輸安全委員会(NTSB)は胴体パネルを回収した。
 NTSBのホメンディ委員長は7日のポートランドでの会見で、同機のコックピットに設置されたボイスレコーダーは録音時間が2時間しかなく、録音はすでに上書きされており重要なデータが失われたことを明らかにした。
一時9%値下がりした。
 ホメンディ委員長は、今回の事故で死亡者や重傷者などが出ず深刻な事態に至らなかったのは幸運としか言いようがないと語った。
 同委員長によれば、事故機のドアプラグはポートランド在住の教師宅の裏庭で発見された。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース アラスカ航空の737MAX-9、吹き飛ばされた一部を回収-米当局

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう