おすすめ記事

アルゼンチン大統領、公約した急進的改革の実現は長期的と認める

記事を要約すると以下のとおり。

アルゼンチンのミレイ大統領は、就任からちょうど100日余りが経過した。
 ミレイ氏は4日、「短期的には劇薬が必要だとわれわれは述べてきた。」
インタビューに答えるアルゼンチンの規制を緩和するミレイ氏は予想していたよりもはるかに長い時間がかかるだろうと認めた。
エネルギーや交通費用に対する手厚い補助金の撤廃も、それに伴う大幅な費用増加を賃金がまかなえるよう、やはり先延ばしとなる。
アルゼンチンを数年かけて資本主義と商取引の一大拠点に変貌させる旗手であると自任するミレイ氏は、20年にわたるポピュリズムの結果だと同氏は指摘。
ポピュリズムが解決策にはならないと、多くが理解していると語った。
中銀の損失は半減し、年初来の堅調を持続。
ブルームバーグがまとめたプライシングデータによると、2030年償還のアルゼンチン・ドル建て2035年償還債の購入を投資家に推奨。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース アルゼンチン大統領、公約した急進的改革の実現は長期的と認める

Twitterでフォローしよう