おすすめ記事

アルファベット株下落、10-12月は低調な広告需要が重し

記事を要約すると以下のとおり。

米グーグルの親会社 アルファベットが2日発表した昨年10-12月(第4四半期)決算では、業績がアナリスト予想をわずかに下回った。
1株利益は1.05ドルで、市場予想の1.20ドルを下回った。
米司法省は違法な独占の疑いがあるとし、同社の広告テクノロジー(アドテク)事業の分割を求めている。
 スンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は業績に関する説明で、人工知能(AI)を中心に据え、一部のAI事業に取り込まれる状況を反映するためだという。
 ピチャイ氏は発表資料で「検索などで今後発表するAI主導の跳躍に胸を躍らせている」とし、「アルファベット全体でコスト構造を持続的な形に見直し、財務が持続可能で活力があり、成長力のある事業を構築する重要な道のりにあると述べた。
 マーケターの支出抑制の影響を受けやすいユーチューブの売上高は79億6000万ドルで、これもアナリスト予想(8億6200万ドルの赤字だったが、アナリスト予想(83億ドル)を下回った。
まだ黒字化しておらず、クラウドコンピューティングで競合するアマゾン・ドット・コムやマイクロソフトに出遅れてはいるものの、検索事業が成熟する中で、成長に向けたアルファベットの最も有望な賭けの一つとみられている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース アルファベット株下落、10-12月は低調な広告需要が重し

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう