おすすめ記事

アングロとBHPの攻防、同じビジョン巡るCEO2人の争いに

記事を要約すると以下のとおり。

アングロ・アメリカンは、同社に買収を仕掛けている BHPグループのビジョンに共鳴するような生き残り計画を打ち出している。
その後、ヘンリー氏は米フロリダ州マイアミで開かれた会議でBHPによる買収提案について初めて公の場で発言した。
アングロもまた、南アのプラチナ生産部門アングロ・アメリカン・プラチナム(アムプラッツ)を分離し、石炭事業を売却する計画だ。
 2020年から現職のヘンリー氏は、一連の抜本的な改革を実施し、自分のイメージを構築する時間があった。
ただ、暴落する前のニッケルに賭けるなどヘンリー氏にも失策はあった。
そのため、ワンブラッド氏は最終的に事業の抜本的な見直しに着手することになった。
ヘンリー氏は、アングロがアムプラッツ分離計画を示したことは、「それが実行可能であるということを端的に示していると指摘した。」
 今週、ヘンリー氏と同様にマイアミで投資家たちと会うワンブラッド氏は、株主たちが自身のビジョンを支持してくれることを期待している。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース アングロとBHPの攻防、同じビジョン巡るCEO2人の争いに

Twitterでフォローしよう