おすすめ記事

アンゴラ、OPEC脱退-原油生産枠に反発し16年の連盟見限る

記事を要約すると以下のとおり。

アンゴラが石油輸出国機構(OPEC)脱退を発表した。
「決定は容易に下されたわけではない。」
サウジアラビアを中心とするOPECは非加盟産油国と構成する「OPECプラス」を通じ、低迷する原油価格の底上げを目指して減産を続けている。
 コンサルタント会社エナジー・アスペクツの地政学責任者リチャード・ブロンズ氏は「アンゴラはすでにフル稼働で生産しており、OPECプラスが定めた枠に限定していないため、脱退による供給見通しへの影響はない」と解説。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース アンゴラ、OPEC脱退-原油生産枠に反発し16年の連盟見限る

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう